RSI

RSIを2つ使ってトレンドと売買タイミングを測る手法

RSIとは

RSIは一定期間における上げ幅と下げ幅の強さを表したオシレータ指標になります。

以下の式で計算されます。

RSI = ( 上げ幅合計 ÷ ( 上げ幅合計 + 下げ幅合計 )) × 100

通常、一時的な買われすぎ・売られすぎを判定するのに使用されますが設定する期間を帰ることによって簡易的にトレンドを測ることもできます。

設定期間を長期に設定する

RSIは比較的短期期間で使用されることの多い指標ですが、長期に設定することによって簡易的にトレンドを判定することもできます。

上図では上から価格チャート、RSI(短期)、RSI(長期)の順で表示しています。

RSI(短期)は通常よく使われる売られすぎ・買われすぎのポイントを判定しています。

注目するのはRSI(長期)の方で、上の図の例では下から上にかけてトレンドに沿う形で数値が推移しています。

これはトレンドを形成する場合、上げ幅の方が下げ幅の合計より多くなるからです。

期間を長期に設定するほど動きはなだらかに、逆に言えば直近の値動きを反映しにくくなります。

活用事例

RSIを2つの期間で使用することにより、押し目・戻りの売買のタイミングを測ることができます。

長期のRSIでトレンドどの様に推移しているかを判定し、短期のRSIで一時的な下げは上昇を判断します。

トレンドに沿った形で取引することができるのでリスクを減らすことが期待できます。

他のトレンド指標と組み合わせたり、EAにも組み込みやすい指標ですので用途は色々ある便利な指標です。

関連記事

しつもんちゃん
しつもんちゃん
以下の記事もあわせてみてね
RSIの平均回帰性と機能しやすい相場RSIの平均回帰性 平均回帰性とは、いったん大きく乖離した値が平均値に戻ろうとする性質を指します。 これは乖離した価格が移動...