ブログ

複数通貨ペアEAと最適化期間外検証

3通貨ペアEA

最近は共通ロジックで複数通貨ペアに対応するEAの作成をしておりました。

一応それぞれの通貨で以下の様な成績の出るEAができました。

(初期資金1,000USD  Lots 0.1固定)

EURJPY

AUDJPY

GBPJPY

Total(一番上が合計のグラフ)

パラメータについては通貨ペア毎に微調整していますが、ロジック自体に優位性に感じられる程度には無調整でも上昇傾向がありました。

手仕舞いはほぼ内部の決済ロジックにて行っており、固定テイクプロフィット・ロスカットは少ないです。(私の作るEAはほぼそのような仕様です)

最適化期間外検証

EAを作る際は最適化という作業が通常行われます。

これは一定の期間内においていい成績が出るようにパラメータを調整することで、自動でできることからも非常に便利な機能です。

EAを作る人ならご存知かと思いますが、この機能を使えば比較的簡単に「一定の期間内」においていい成績のEAを作ることができます。

これを悪用すればバックテスト上は見栄えのいいEAを作ることがます。

大事なのは最適化に使用した期間外で検証することであり、そこでいい成績が出るEAが真に優位性があると言えます。

このEAは最適化で使用した期間の前後両方で上向きが確認されました。今後の実際の相場での検証でも上向きが確認されれば、このEA優位性が高まることが期待できます。

EA(シストレ)の実力を測るフォワードテストについて フォワードテストとは フォワードテストとは、過去のデータによる検証であるバックテストに対し、リアルのトレードに近い(あるい...
オーバーフィッティング(過剰最適化)の原因と対策オーバーフィッティング(過剰最適化) オーバーフィッティング(=過剰最適化、以下オーバーフィッティングで表記)とは過去のデータ(ヒスト...