MT4(FXシストレ)

【ブログ】株シストレとFXシストレの違い

システムトレードはFXだけではない

最近はもっぱらMTのEA作りをしている私ですが、

私にとってのシステムトレードの原点は株のシステムトレードになります。

今日はその話をしたいと思います。

元々は株を裁量で取引していましたが、ふとしたきっかけでシステムトレードなるものの存在を知ります。

聞くところによれば、それは指定した条件に合致する銘柄を全銘柄から調べて抽出してくれるとのこと。

それは当時の「それぞれの銘柄のチャートを全部確認するのしんどい、、、」と感じていた私にとってはまさに望んでいたものでした。

早速とシステムトレードの制作に取り掛かり、夢中で取り組んだ結果自分なり納得ができるものが作れるまでになりました。

私の使ったいた株のシステムトレードソフトは「イザナミ」というソフトで、そのソフトを基準にお話をしますが、株とFXでは「システムトレード」に大きな違いがあります。

FXのシステムトレード(MT)では一つの通貨ペアにEA(システムトレード)をセットするとあとは24時間自動で売買を行ってくれます。

一方株のシステムトレード(イザナミ)では基本的に売買の注文は手動になります。その代わり一日一回(株式市場が閉まってから次の日の寄り場までに)株式市場の全銘柄を精査し、注文シグナルを出します。

FXシストレが狭い範囲ながらもほぼ全自動で売買を行ってくれるのに対し、株シストレは手動ながらも広い範囲をカバーしてくれます。

また時間軸もFXが分足などの極めて時間軸を取ることが多いのに対し、株式は日足が基準になります。

どちらもメリットデメリットがあり、どちらが優れているという訳ではありませんが、FXのMTが無料で提供されているのに対し株式シストレソフトは基本有料なので利用者の数は劣るかもしれません。個人的にはいいものだと思うので頑張って欲しいです。

あと確かMTと同じように1つの銘柄に対し自動売買を行うソフト(?)もあったと思います。これは無料だったような、、、

株シストレはトレジスタというサイトで販売もしていましたが最近では新しいのを販売していませんでした。

最近また触れる機会がありましたので書かせていただきました。

興味のある方は是非調べていただければと思います。