テクニカル分析

エンベロープとボリンジャーバンド。誤解と運用考察

エンベロープとボリンジャーバンド

エンべローブとボリンジャーバンドはいずれも移動平均線に対し一定の乖離を持つバンド(帯域)を表示したものになります。

エンベロープが固定の一定の幅なのに対して、ボリンジャーバンドは直近の価格変動率による可変のバンドをになります。

 

いずれもバンド内に価格が収束する性質を利用し、乖離したところを逆張りすることが一般的な運用方法になります。

ボリンジャーバンドの誤解

ボリンジャーバンドは標準偏差というものを使用し、移動平均線に対し1σ〜3σなどのバンド幅を設定し運用します。

基本的な考えとして1σのバンド内には68%、2σでは95.4%の確率で価格は収束し、その範囲外にあることを例外とします。

このバンド幅は過去のデータに基づいて計算されるものですが、このデータとは20日移動平均を使用するのであれば過去20日間に「限定された過去」のものであるということに注意する必要があります。

非常に多い誤解としてあるのが、未来の価格も前述の確率でバンド内に収まると信じることです。

未来の価格の動きは過去の動きに拘束される訳ではないので、その後連続で3σを超過した価格変動を起こすことも珍しくありません。

ボリンジャーバンドのバンドは過去のデータに基づいた統計的なものではありますが、限れられた少数のデータによる統計のものであると認識する必要があります。

エンベロープとボリンジャーバンドの運用考察

ボリンジャーバンドの幅が拡大するのは、価格が大きく動くトレンド発生時であると考えることができます。

トレンド発生時は価格が連日同じ方向に動くことも珍しくないため、トレンドに対し逆張りで仕掛けることは逆方向に振れた場合大きな損失を被る可能性がありますので、ボリンジャーバンドの幅がどの程度拡大してしているかはトレンド発生の有無を確認し、仕掛けるタイミングを測る上での指標の一つとして使用することができます。

エンベロープをやや広めに設定し、その範囲内にボリンジャーバンドが収まる時のみ仕掛けるなどがその一例となります。

またトレンド発生時はトレンド方向に逆らわず、押し目を狙った戦略作ることも可能かと思われます。

エンベロープもボリンジャーバンドも移動平均線を元に比較的理解もしやすい指標であり、応用の効きやすい指標ですので、これらを使いこなすことでテクニカル分析のバリエーションが広がります。