副業・資金調達

【副業の世界】輸入転売について【効率化済み】

せんせい
せんせい
人の経験、特に失敗談から学ぶことは多いものだ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
この話は体験談なんだね

輸入転売とは?

資金作りの一環として2、3年程度輸入転売を行っていた経験があるので、副業を考える際の参考になればということで、ご紹介したいと思います。(輸入転売を勧めるという記事ではありません)

まず輸入転売とは、私は輸入転売で最もメジャーな方法である「Amazon転売」を行っていました。

Amazon転売とは海外のAmazon(主にアメリカ)のAmazonで購入した商品を日本のAmazonで販売するというものです。

同じAmazonなのに利益が出るのか、思われる方もいるかもしれませんが、実際アメリカと日本では同じ商品でも価格が違う商品が多数存在し、利益が出ていました。

仕入れと発送の効率化

どうやってそういった商品を探すかというと、

AmazonではASINという商品コードが各商品に振り分けられており、そのコードは世界共通なのでコードで検索すれば容易に同じ商品を探すことできます。

私はツールを使い、コードで価格差のある商品を検索していました。

商品検索は日中にツールに検索させ、最終的な仕入れ判断は自分でしていました。

転売と聞くと発送作業が面倒に思われる方もいるかもしれませんが、検品から発送まで商品の管理は全部、外部に委託していたので商品を自分で発送したりすることはありませんでした。

辞めた理由

個人的に最大限の効率化をし、利益は出ていた副業でしたが以下の理由から結局は辞めてしまいました。

売り上げが増えるごとに作業量が増えていった

輸入転売は基本的に薄利多売です。

売り上げを伸ばそうとするほど商品が増えていき管理が大変になっていきます。

また仕入れにかかる時間もツールを使っているといえ自分で確認する部分が必ず必要だったので掛かる時間がとても増えていきました。

「輸入転売」というジャンルが飽和状態になっていった

上記の方法でやれば、正直、輸入転売は誰でもできます。

それはメリットでもありますが、誰でもできるものは、すぐにライバルで溢れかえります。

輸入転売の場合、それは値下げ競争に繋がります。

価格管理もほとんどの人がツールを使い自動化していますので、際限なく価格も下がっていき、みるみる利益が減っていくことがよくありました。

副業を考える際に

本業を持っている場合、時間が一番のネックになります。

売り上げが上がっていってもそれも伴って作業量が増える副業ではすぐに売り上げも確保できる時間も頭打ちになってしまいます。

副業を考える際はこの点をクリアできるものを考える必要があるかと思います。

せんせい
せんせい
副業を考えるときはその副業が伸びてった時のことも考える必要があるな
しつもんちゃん
しつもんちゃん
じゃあどんな副業がいいのかな?
せんせい
せんせい
俺は「投資的副業」の考え方を勧めている
しつもんちゃん
しつもんちゃん
投資的副業?
せんせい
せんせい
以下のリンクから見てみてくれ