投資・トレード全般

オルタナティブ投資とは?株式・債券が不調でも利益の出る投資 

しつもんちゃん
しつもんちゃん
オルタ…?なに?
せんせい
せんせい
オルタナティブ投資だ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
そのオルナ…、え?
せんせい
せんせい
オルタナティブ投資だ

 

オルタナティブ投資とは?

オルタナティブ投資のオルタナティブは「代わりの」という意味があり、従来の一般的な投資である株や債券と相関性のない投資を指します。

具体的には不動産や後ほど紹介するプライベートエイクティヘッジファンドなどがオルタナティブ投資と呼ばれ下記のような特徴があります。

景気に左右されにくく、分散投資先として有効

オルタナティブ投資は株や債券と相関性が低いので株式・債券市場が良い状況でなくても利益を上げることができる可能性があります

分散投資先としても株式などと連動しないのでリスクヘッジとして有効です。

ハイリスク・ハイリターンな傾向にある

一般的にオルタナティブ投資はハイリスク・ハイリターンな傾向にあります。ヘッジファンド(後述)などは下げ相場でも利益が出ることを目標としていますが利益が保証されている訳ではありません。

まとまった資金やいるものや変動の激しい投資先が主な対象となるで投資する資金量には注意が必要です

具体的なオルタナティブ投資先の一例

オルタナティブ投資には色々な種類がありますが、その一例をご紹介します。

不動産投資

投資するには多額の資金が必要なイメージのある不動産投資ですが、近年では共同で出資する不動産投資などもあります。

プライベートエクイティ

プライベートエクイティとは未公開株式のことで、これから成長する企業や経営の傾いた企業に資金を提供し、企業を成長または立て直すことでリターンを得ることを目的とする投資方法です。大きな資金量を必要とすることがほとんどですので個人投資向きとは言えません

ヘッジファンド

ヘッジとは「避ける」という意味があり、下げ相場でもリターンを得ること(絶対リターン)を目的とする投資方法です。

投資信託と同様に専門家に資金を預け運用してもらう方式になります。オプションや先物など様々な物を組み合わせ相場の下落に対応しながらも積極的な運用を行います。

通常の投資信託が相場が一方に動いたときに利益が出るように設計されいることが多いの対し、ヘッジファンドはどちらに方向に動いても利益が出ることを目的としている点が特徴となります。

元々は投資機関や大口投資家が利用するものでしたが、最近では投資信託にヘッジファンドを組み入れているものもあり、個人ではこれを利用するのが主な投資方法になります。

せんせい
せんせい
オルタナティブ投資っていうのは具体的な投資方法ではなくて、考え方が重要だ。
せんせい
せんせい
株式・債券投資がメインの場合の分散投資先としては相関性のない投資方法を選ぶ必要がある
しつもんちゃん
しつもんちゃん
リスク分散ってやつだね