テクニカル分析

【テクニカル指標】ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャーが考案した指標で、標準偏差に基づき引いた上下2本のラインをもとに相場の動きを判断する指標になります。

統計学に基づき価格の変動を一定の平均・確率を持った正規分布に従うと考えた場合

標準偏差倍率が1の場合株価の動きが2本の線内に収まる確率は約68%。

標準偏差倍率が2のときは約95%の確率で収まります。

しかしながら、価格が正規分布に従うと考えるという前提については注意点が存在するので、下記の「ボリンジャーバンドの考え方」にて解説します。

ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンド + 2σ = MA + ( 2 x σ )
ボリンジャーバンド + 1σ = MA + σ
ボリンジャーバンド - 1σ = MA - σ
ボリンジャーバンド - 2σ = MA - ( 2 x σ )

MA =n日間移動平均
σ = n日間標準偏差

標準偏差=√(n×n日間の終値の2乗の合計-n日間の終値の合計の2乗)÷(n×(n-1))

少しややこしく感じますが、価格変動が大きくなると上下共に等しく広がるという性質を持っています。

ボリンジャーバンドの考え方

ボリンジャーバンドでは指定期間内において、過去の価格は+2σ〜ー2σの間に約95%収まっています。

このことから95%の範囲より外に出た場合に、その価格は正規分布に従い収束するというのが一般的な考え方になります。

しかし、トレンドが発生している場合、価格は必ずしも正規分布に従っているとは限りません。

正規分布とは、平均値を頂点として、価格が離れていくごとにプラスマイナス共に同じだけ数値が下がっていく図を指します。

しかしトレンドが発生している場合においては基本的にどちらか一方に偏った価格の動きになります。その場合、この正規分布は成立せず、次も95%の期待を持って価格が推移するとは言えなくなります。

では、ボリンジャーバンドは役に立たないかというと、そう言ったこともありません。

ボリンジャーバンドが正規分布ではないにしても、過去の価格変動を元に一定の範囲を設定していることには変わりはありません。

95%という数字の根拠は存在しなくなったとしても、横ばい相場においては反転のタイミングを掴む指標としては有効だと思われます。

またトレンドが発生した場合にはブレイクポイントとして使用することも可能な指標です。

しかし、現在の相場が横ばいかトレンドが発生しているのかは判断が難しいですので、この指標に限ったことではありませんが、複数の指標で総合的に売買ポイントを判断するのが望ましいと言えます。