テクニカル指標

【テクニカル指標】ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャーが考案した指標で、標準偏差に基づき引いた上下2本のラインをもとに相場の動きを判断する指標になります。

統計学に基づき価格の変動を一定の平均・確率を持った正規分布に従うと考えた場合、

標準偏差倍率が1の場合株価の動きが2本の線内に収まる確率は68%。

標準偏差倍率が2のときは95%の確率で収まるとされています。

ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンド + 2σ = MA + ( 2 x σ )
ボリンジャーバンド + 1σ = MA + σ
ボリンジャーバンド - 1σ = MA - σ
ボリンジャーバンド - 2σ = MA - ( 2 x σ )

MA =n日間移動平均
σ = n日間標準偏差

標準偏差=√(n×n日間の終値の2乗の合計-n日間の終値の合計の2乗)÷(n×(n-1))

少しややこしく感じますが、価格変動が大きくなると上下共に等しく広がるという性質を持っています。

ボリンジャーバンドの考え方

ボリンジャーバンドでは価格は+2σ〜ー2σの間を95%の確率で推移すると考えます。

よって逆張りで考える場合、

ー2σに価格が近づいたら買い、+2σに近づいたら売りと考えます。

その場合手仕舞いは仕掛けたラインと±逆のラインを基準にします。

また相場の状態を判断する方法として

上昇相場にある場合は+1σ〜+2σの間に推移し、

下降相場ではー1σ〜ー2σで推移すると考えられます。

また上下のラインで形成されるバンドの幅が安定してくるとBOX圏に入ったする考え方もできます。