MT4(FXシストレ)

【FX】DD方式よりNDD方式がやっぱりいいのか?

せんせい
せんせい
今回はDD方式は悪く言われることが多いが、本当にDD方に比べNDD方式がいいのかについての記事だ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
日本はほとんどDD方式なんだよね?
せんせい
せんせい
海外のFX会社がNDD方式が多いが日本はほとんどDD方式だな

DD方式とNDD方式とは?

それでは最初にDD方式・NDD方式とは何かついてですが、これはFXにおける注文方法の違いになります。

各FX会社によって、取引の際の注文受けた場合インターバンク市場との仲介をするか、直接取引してもらうかが決まっています。

仲介をする場合をDD方式と呼び、仲介をしない場合をNDD方式と呼びます。

 

インターバンク市場とは?

インターバンク市場はFXの場合通過が取引される市場になります。各金融機関がレートを出しています。

FX会社は提携している金融機関(カバー先とよばれる)が複数あり、その提示するレートの中から一番有利な価格で取引をします。

DD方式はFX会社を経由して取引をします。

トレーダーはFX会社の提示するレートで取引することになり、FX会社は提示するレートをインターバンクレートのカバー先のレートに左右されず任意に調整することができます。

一方NDD方式はトレーダーはインターバンクの提示するレートでそのままで取引することになります。

直接取引することになるので間でFX会社の介入がないのが特徴となります。

DD方式のなにが問題視されているのか?

DD方式で問題となっているのがこの「FX会社の介入」となります。

DD方式はFF会社のディーラーの判断でカバー先の金融機関にトレーダーの注文を流したり内部で処理をしたりするのですが、

内部で処理している場合にはトレーダーが利益が出すとFX会社が損をする場合があります。この場合は逆にトレーダーが損をすればFX会社は得をします。

このトレーダーとFX会社の利益が一致しない状況を利益相反の関係がDD方式が問題視される原因となっています。

FX会社がトレーダーが利益が出さないようにわざとスプレッドを広げたり、トレーダーの注文をずらして約定させたりする恐れがあることがリスクであると考えられており、実際に2016年3月にはあるFX会社のスプレッドが一時的ではありますが「15円」開きました(調べればすぐ分かると思います)。通常のスプレッドが0.3銭であることを考えればその異常さがわかるかと思います。

このFX会社の異常なスプレッドは「誤ったレートが表示された」と謝罪がされていますが、実際にそれがスプレッド操作による事故なのかソフトの不具合によるものなのかは判断ができません。さすがに故意ではないと信じたいですが、任意にレートが操作されるDD方式特有の事例と言えます。

DD方式のメリットは?

ではDD方式はトレーダーにメリットはないのか?という話をします。

もちろんメリットも存在し、NDD方式に比べ低スプレッドで取引ができます。

これはDD方式がスプレッド以外にも稼ぐ手段を持っていることが低スプレッドが実現可能な理由となっています。

このようにデメリットとメリットは表裏一体でもあります。

全てはFX会社の良心に委ねられている

このようにDD方式にはメリットもありますが、前述の通りFX会社が悪意を持って操作すればトレーダーの不利な取引にすることもできます。

もちろん多くのFX会社は善良であり誠実な取引を行っています。

一部の悪意あるFX会社がDD方式の評判を下げているのが実態です。

しかし使っているFX会社がどちらかは判断が難しく、リスクを避けるトレーダーがNDD方式を好むのも自然な流れと言えます。

DD方式を採用している会社を使う際は口コミ等で過去に悪い噂がないかを調べるくらいしかできないのが実際のところです。

しつもんちゃん
しつもんちゃん
やっぱり介入のないNDD方式の方が安心ってこと?
せんせい
せんせい
誠実な取引をしてくれるFX会社であればDD方式も決して悪いものではないんだが、その判断が難しいな