テクニカル指標

【テクニカル指標】エンベロープ

エンベロープとは

エンベロープとは「膜」や「包み込むもの」といった意味があり、テクニカル分析においては、移動平均線と移動平均線から一定値乖離した上下の線で表します。

エンベロープの計算式

エンベロープは移動平均から一定値の乖離した線ですので移動平均線を基準に計算します。

エンベロープ上限 = 移動平均 + 移動平均 × N%

エンベロープ下限 = 移動平均 ー 移動平均 × N%

※Nは任意の数値

エンベロープの考え方

株価が移動平均線から大きく乖離する時、株価は移動平均線に近くように株価を戻す傾向があります。

エンベロープはこの乖離からの戻りを期待する逆張りをする際に主に使用します。

エンベロープの上下のラインを超える、あるいはラインに近づいたタイミングで仕掛け、中央の移動平均線で戻ったタイミングで手仕舞いをするなどの手法があります。

移動平均線から大きく乖離するということは一時的に大きく値動きしたことになり、売られ過ぎ、あるいは買われ過ぎである場合が多く、エンベロープによる逆張りはそういった一方に偏った値動きの平常化を狙った戦略と言えます。

逆張りによる戦略は相場の転換を狙った戦略であるため、最初は含み損が出やすい傾向にあります。(相場の転換点をぴったり掴めると限らないため)

最終的には反転し勝率が高くなることが多いのですが、反転せずそのまま含み損が増えていった場合、損失が大きくなるといった特徴も逆張りにはあります。