テクニカル分析

【テクニカル指標】一目均衡表

一目均衡表とは

一目均衡表とは細田悟一氏が開発した国産のテクニカル指標で5本のラインを元に相場の均衡を確認し強弱を判断するトレンド系指標になります。

ラインは基準線、転換線、遅行線、先行スパンA、先行スパンBから構成される。

メインのラインとなる基準線は高値と安値の平均値(中心値)で構成されます。

移動平均線などはその性質上相場を後追いする傾向にありますが一目均衡表は先行スパンと組み合わせることによって移動平均線の弱点であるその遅れを補うという特徴があります。

また、一目均衡表は基準となる設定(期間日数)が変更できません。ですので一目均衡表を見る全ての人が同じチャートをみて判断するの大きな特徴と言えます。

一目均衡表の計算の仕方

一目均衡表を構成する5本のラインは以下のように計算します。

・基準線 = 直近26日間の(最高値+最安値)÷2

・転換線 = 直近9日間の(最高値+最安値)÷2

・遅行線 = 当日の終値を25日前に書き込む

・先行スパン1 = 基準線と転換線の平均値を25日先に書き込む

・先行スパン2 = 直近52日間の(最高値+最安値)÷2を25日先に書き込む

※日数の設定の変更はできない

※遅行線、先行スパンの書き込み先の25日先(前)という日数は当日と含めると26日になります。この日数は混同されて広まっており、チャートソフトでも間違った日数が使われている場合があります。

一目均衡表の売買判断と考え方

一目均衡表の売買シグナルは一般的に以下の様に考えられています。

転換線と基準線のクロス

転換線(短期線)が基準線(中期線)を上抜けることで買い、下抜けることで売りと判断します。

これは移動平均線のゴールデンクロスなどと同じ考え方でトレンドの切り替わりとしての売買シグナルとなります。

基準線の向き

基準線が上向けば買い、下向きけば売りというシンプルなシグナル。

単体で使用するには弱いシグナルなので他のと組み合わせると効果的です。

価格とクモの関係

2つの先行スパンに挟まれた領域を「クモ」と呼びます。

このクモは「抵抗帯」であるという考え方ができ、価格がクモの下にいるときは上値抵抗帯、価格がクモの上にいるときは下値支持帯となります。

シグナルとしては下から上へクモを価格が突き抜けるときは買いのシグナル、上から下へ突き抜けるときは売りのシグナルと考えます。

クモの厚みがあるほど抵抗帯が力が強いと考え、先行スパンの交差は相場の転換点であると考えます。

価格と遅行線の関係

遅行線がそこにある日(25日前)の価格を上回っていれば強気、下回っていれば弱気と考えます。