テクニカル指標

【テクニカル指標】MACD(マックディー)

MACDとは?

MACD(マックディー)オシレータ系の指標で2本の線を利用することで相場の周期とタイミングを掴むための指標になります。

線は「MACD」と「MACDシグナル」の二本の線から構成されており2本線の位置関係からシグナルを判定します。

MACDの計算式

イザナミでMACD及びMACDシグナルは以下のように計算されます。

MACD = 12日間平滑移動平均 - 26日間平滑移動平均
MACDシグナル = MACDの9日間平滑移動平均

平滑移動平均は単純移動平均に比べ現在の価格に比重が置かれた移動平均になります。似たもので加重移動平均がありますが計算式が少し違います。

MACDとMACDシグナルのいずれも移動平均線をもとにつくられているので価格が上昇すれば上がり下落すれば下がる性質をもっていますが、移動平均線と違いゼロラインを基準とした考え方があります。

ゼロラインはトレンドの勢いを判断する基準となります。

ゼロラインから上方へ乖離するほど強い上昇トレンドと判断し、下方へ乖離するほど強い下落トレンドと判断します。

MACDのシグナル

MACDの買いシグナルは以下の3つケースが一般的です。

・MACDが、MACDシグナルを下から上に突き抜ければ買い。
・MACDが、ゼロを下から上に突き抜ければ買い。
・MACDが、MACDシグナルを下から上に突き抜けた後、両方がゼロを下から上に突き抜ければ買い。

1番目のシグナルは単純移動平均のゴールデンクロスの考え方と一緒です。短期線が長期線を上回ることによりトレンドの転換を判断します。

2番目はゼロラインを上回ることにより下落から上昇トレンドの転換を判定します。

3番目は上記2つを合わせたものになります。

ダマシには注意が必要

トレンドが横ばい状態になるとゼロラインに近づくことになりますがゼロライン近辺では頻繁にクロスが発生する場合があります。

この場合はトレンドが形成されず終わる場合があります。

MACDヒストグラム

MACDヒストグラムはゼロを基準とした棒グラフのようなもので表示され以下の計算式で表示されます。

MACDーMACDシグナル

ヒストグラムは2本の線がどの程度乖離しているかと表しており、ゼロを基準とした転換で2本の線のクロスを判断することができます。

MACDとMACDシグナルの位置関係を視覚的に分かりやすくしただけのものですが棒グラフの増減で転換のタイミングがわかりやすくなっています。

他の指標と合わせて使用すると効果的

MACDは価格の動きの変化に重点を置いた指標になります。

緩やかな上昇・下落ではその変化は小さくなるので単体では判断が難しくなる可能性があり、またダイバージェンスという価格の動きとオシレーターの動きが逆行する現象が起きる可能性もあります。

上記記載のシグナルでは順張り的な仕掛けになりますが先行する指標を活用することによって逆張りも可能かと思われます。