株シストレ

イザナミの「相場情報」の使い方紹介「相場の動きに連動」が可能に

しつもんちゃん
しつもんちゃん
相場情報ってなにができるの?
せんせい
せんせい
仕掛け条件に組み込むことが可能で例えば「日経が続けて下がっているときは仕掛けない」などの条件設定が可能になるな

「相場情報」とは?

イザナミでは仕掛け条件やフィルタに相場情報というものを設定できます。

通常バックテストでは個別の銘柄を情報を一個づつ条件に合致するかを判断していきますが、相場情報を使用することによって他の銘柄の情報(日経平均株価や市場全体の情報)を仕掛け条件やフィルタに取り入れることができます。

せんせい
せんせい
相場情報を使うことで相場全体の動きに仕掛けを連動させることができるんだ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
どういうこと?
せんせい
せんせい
例えば「日経平均が連続で下がっているときは個別銘柄もそこまで上がらないかもしれない」と仮説を立てたとして、それが正しいかを検証することが可能になる。
しつもんちゃん
しつもんちゃん
それは便利だねー。どうやってやるの?
せんせい
せんせい
順番に説明しよう

相場情報の使い方

「相場情報」を表示させる

初期状態では相場情報作成画面が表示されていない場合があるので「オプション設定」を開き「相場情報を作る」にチェックを入れます。

 

 

チェックを入れると「売買ルールを作る」タブのしたに「相場情報を作る」というタブが表示されるのでクリックして表示します。

相場情報を設定する

相場情報作成では売買ルールの作成と同様に対象市場や条件を設定していきます。

今回は日経平均に連動するように設定するので対象銘柄は「日経平均株価」に設定します。

 

 

続いて集計条件を設定します。

こちらも売買ルール作成画面と同様に条件を設定していきます。

今回は「日経平均が5日連続で下落しているときは仕掛けない」という条件に設定するので相場情報が下のように設定します。

 

売買ルールに組み込む

相場情報を作ったら次は売買ルールに組み込みます。

売買ルールの条件を設定するように条件タブを開き「特殊データ」のタブを開きます。

 

 

「特殊データ」タブを開くと先ほど作成した相場情報のデータが選択できるようになります。

相場情報データを選択し、今回は「下落していないとき」に仕掛けるのでデータは「銘柄数」を選択し「0と同じとき」に仕掛けるように設定します。

※日経平均株価の場合全体の銘柄数が1個となります。該当銘柄が1か0で上昇・下落を判定しています。市場全体などを対象としている場合はこの数は変化します。

せんせい
せんせい
相場情報を入れることで相場全体が暴落しているときを避ける設定などができるようになるぞ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
日経平均につられて下がるとかだね
せんせい
せんせい
過剰な条件追加は機会損失にも繋がるから注意が必要だけどな
しつもんちゃん
しつもんちゃん
保険として使うのがいいってことかな?