MT4(FXシストレ)

MT5の機能と今後

MT4からMT5へ

MT5とは、MT4の後継としてリリースされました。リリースされてから何年も経つものの、現在でもMT4が主要に使われており、国内業者のほとんどもMT4のみを採用しているのが現状です。

何故普及がここまで進まないかというと、主にMT4との互換性がないからと理由が挙げられます。

既存のユーザーは現在使っているEAをMT5に移行がスムーズにできずにそのままMT4を使い続けている人が大半になります。

またリリース当初、MT5では両建てができないことが致命的な欠点として、多くのユーザーが移行を断念させたと言われています。

(現在では解決しています。試してみました。)

MT5とMT4との違い

 

MT5はMT4の後継ですので現在も積極的なバージョンアップが日々行われています。

現段階ではMT4と比較し以下の様な変更点があります。

時間足の追加

MT5ではMT4既存の時間足に加え、より細分化された時間足を使用することができます。

合計21種類の時間足を使用できるのでユーザーにとって最適な時間足を使用することができます。

イベントカレンダー

ツールボックスに直近の経済イベント情報が表示され、チャート上にもイベントの時間が表示されます。

経済指標の発表の前後などには価格が大きく動く場合がありますのでそういった要素を考慮する方にとっては有難い機能です。

改良されたストラジーテスター

EAを開発する人にとっては有難いことに、ストラテジーテスターも大幅に改良されています。

最適化を並列処理することによって高速化したり、フォワードテストを容易に行える様になっています。

またバックテストの結果も表示される情報も増えたので分析などに役立ちます。

MT4との互換性

前述の通り、MT4とMT5の互換性はありません。

まだMTを始めてばかりの人にとっては問題ありませんが、今まで使って人にとっては重大な問題です。

そこで救済策として挙げられるのがコンバーターの存在です。

ゴゴジャンからMQL4からMQL5に変換するコンバータが公開されています。

これを使用すればMT5でも使用できる様に変換することができます。

(一部できない場合もあるようです)

しかし、購入したEAなどはソースファイルを持っていないかと思いますで、そういったEAは残念ながらMT5で使用することはできません。

いずれくるMT5の時代

現在では未だMT4の全盛ですがMT5が後継であり、これからも開発に力が入れられる以上いずれ完全に移行するのは必然だと言えます。

興味を持っている方も多いとは思いますが、日本ではほとんど普及していないので情報が少ないのが現状です(MT自体書籍もほとんどありませんが、、、)

そんな中、最近MT5が使える国内業者が現れました。

これからMT5対応業者が増え、日本にも多く情報が増えることが望まれます。

現在唯一使える国内業者はこちらです。

アヴァトレード・ジャパン株式会社 MT5口座開設