テクニカル分析

【テクニカル指標】パラボリック

パラボリックとは

パラボリックとはJ.W.ワイルダー氏が開発したトレンドの転換点を計る指標です。

パラボリックはSARというトレンドの転換点を基準として常に買いか売りのポジションを持つドテン(途転)のシステムです。

SARはStop And Reverseの略です。これを基準として手仕舞いと仕掛けを同時に行うことから名前が付けられています。

SAR点を上回れば買い、下回れば売りのポジションを持ちます。

パラボリックの計算式

パラボリックの転換点であるSARは以下の様に計算します。

SAR =(EP − 前日のSAR)× AF + 前日のSAR

EP(極大値)=SARが買いシグナルを示している期間はその期間の最高値を指し、SARが売りシグナルを示している期間はその期間の最安値を指します。

AF(加速因数)=一般的には0.02を初期値とし終値が高値(売りシグナルの場合は安値)を更新する度に0.02加算し0.20を最大値とします。

 

パラボリックの考え方

パラボリックはトレンドは永続しないという前提のもとにAF(加速因数)という要素が設定されています。

AFは高値更新(あるいは安値更新)の度に上昇してSARを現在の価格に近付け、価格がSARを下回る(あるいは上回る)とトレンドの反転と判断します。

AF値の加算によってトレンドの寿命を計算している点が特徴的であり、トレンドの転換点を判断する上で参考になる指標となります。

AF値は任意で変更するが可能ですがJ.W.ワイルダー氏は自筆の書籍にて2.00が最適であるとしています。