テクニカル指標

【テクニカル指標】RSI(相対力指数)

RSIとは?

RSIとはRelative Strength Index(相対力指数)を略したものでオシレータ系の指標になります。

過去の株価の値幅から現在の価格が割高か割安かを判定する指標になります。

0~100%の値となり、一般的には30~70%の範囲内に収まります。

 

RSIの計算方法

RSIの計算の仕方は以下になります。

一定期間を指定してその範囲内の値動きで判定します。

期間内に価格が上昇した日の値幅を合計したものと下落した日もの数値を利用します。

RSI = ( 上げ幅合計 ÷ ( 上げ幅合計 + 下げ幅合計 )) × 100

50%を基準のして、上回れば上げ幅の合計が大きく、下回れば下が幅の合計が大きくなります。

仮にRSIの期間を14日間に設定していた場合、RSIの数値が50%を上回る場合は14日前に比べ現在の価格は高くなっていることになります。

期間を長く設定するほど一定範囲内に収まる可能性が高くなり、期間が短くなるほど数値のブレ幅が大きくなる傾向にあります。

RSIの売買シグナル

RSIの売買シグナルは以下のように判定するのが一般的です。

RSIが30%以下で買い

RSIが70%以上で売り

一定期間における値幅の動きから乖離したものに仕掛ける逆張り型の指標と言えますが、例えば一旦下がった後に上昇するのを待てば順張りに使うことも可能です。

RSIのダイバージェンス(逆行現象)に注意

ダイバージェンスとは価格は下落(または上昇)しているのにも関わらずRSIは上昇(または下落)に価格と指標が逆向きに動く現象になります。

これは反転のサインとされており価格が大きく動く可能性があります。

またはこの現象を反転のサインとして仕掛けすればちょうど反転するタイミングで仕掛けることも可能かもしれません。