新しい投資

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)とは、メリットとデメリット

しつもんちゃん
しつもんちゃん
ソーシャルレンディングってなに?
せんせい
せんせい
個人でも企業に融資して金利を受け取ることができる投資方法だ

 

この記事はこんな方に向いています。

・ソーシャルレンディングに興味がある
・余剰資金の運用を考えている
・手間のかからない投資を探している

以上に該当する方はよろしければご覧ください。

 

クラウドファンディングとは

 

クラウドファンディングとはネット上で不特定多数を対象とし資金を集め、それをプロジェクトの達成を目的に資金を集める仕組みになります。

 

主なタイプは3つに分類され、購入型、寄付型、投資型に分類されます。

購入型……商品・サービスを完成が目的。商品・サービスをリターンとして受け取る

寄付型……社会貢献性の強いプロジェクトに寄付。リターンは基本的にない

投資型……企業に対して資金を集めて投資し、分配金・株式をリターンとして受け取る

 

投資型はさらに2つに分類されます。

 

株式型……ベンチャー企業に対し投資をする。上場されていない株式がリターン

融資型……企業に融資するクラウドファンディング。分配金(金利)がリターンとなる

株式型クラウドファンディング

 

結論から言いますと、このブログでは株式型クラウドファンディングは深く紹介いたしません。

理由としては換金性の低さがあります。

 

株式型のリターンとなる株式は非上場株式となる為、市場で取引されていませんので簡単に換金することができません。

 

ベンチャー企業の株式が主となる為、大企業の子会社等になればハイリターンを見込めるものではありますが、期限の定まっていない長期保有前提であることから取り上げることをやめました。

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)

 

今回の記事のメインはコチラになります。

ソーシャルレンディングとは小口の投資家から資金を集め、企業に対して融資(貸付)し、返済の利息分を分配する投資方法になります。

メリット

 

ソーシャルレンディングのメリットとしては

 

・手間がかからない

・少額から投資できる

 

以上が挙げられます。一つずつ紹介していきますね。

手間がかからない

ソーシャルレンディングは資金を投入し、投資するファンドを選択して運用を開始するとあとは貸付期間が満期になるまですることはありません。毎月利息分が返済され、放置しても問題なく運用されます。日々の価格変動を気にしたりする必要がないので管理の手間が少ないのは大きなメリットと言えますね。

少額から投資できる

ソーシャルレンディングは1万円程度から投資できる案件が多く、試験的に運用してみたり、あまり資金がない人でも投資することが可能となっています。

また少額額から投資できることには分散投資がしやすいといったメリットもあります。

 

資産運用は分散することによってリスクを抑えることができ、またソーシャルレンディングは手間のかからない投資方法である点から分散投資向けの投資方法だと言えます。

デメリット

 

しかしメリットもあれば相応のデメリットもあるのが投資の世界です。

デメリットとしては以下の点が挙げられます。

 

・デフォルト(貸し倒れ)

・途中解約できない

デフォルト

 

企業が返済不能になった場合、デフォルト(貸し倒れ)が起き元本が戻ってこない可能性があります。ソーシャルレンディングのサービス開始当初は企業が対象ではなく個人向けの融資を行っているところがあり、デフォルトが度々起こっていたようです。

現在では融資を企業に限定しているところが多くなっているのでデフォルトは激減または無くなったところが多いようですが、リスクとして考慮の上、投資する必要があります。

途中解約できない

 

ソーシャルレンディングで運用を開始すると途中解約することができません

期間中にお金が足りなくなったりしないように余剰金で運用しましょう。

代表的なソーシャルレンディング会社

 

ソーシャルレンディング会社は複数ありますが、それぞれの会社には特色があります。

興味のある分野に投資する考え方もありですが、別々のジャンルに投資することにリスクを分散することも可能です。

 

SBIソーシャルレンディング……随時募集しているファンドがある

オーナーズブック……不動産特化型

クラウドクレジット……海外融資特化型

maneo……日本のソーシャルレンディングの過半数シェアを誇る

ネクストシフト……社会問題解決に力を入れている

まとめ

 

以上のことから冒頭でも説明したようにソーシャルレンディングは以下のような方向けの投資と言えます。

 

・余剰資金がある(少額含む)

・手間がかからない投資方法がいい

 

これに該当する方にはオススメの投資方法と言えます。

もちろん投資にはリスクも付き物ですので、メリットとデメリットを考慮の上投資しましょう。

しつもんちゃん
しつもんちゃん
少額でもできるのがいいね
せんせい
せんせい
試しにやってみるのもありだな