テクニカル指標

一目均衡表の一目(ひとめ)で分かること【半値について】

せんせい
せんせい
一目均衡表の計算方法はここだ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
先に見てみてね
【テクニカル指標】一目均衡表一目均衡表とは 一目均衡表とは細田悟一氏が開発した国産のテクニカル指標で5本のラインを元に相場の均衡を確認し強弱を判断するトレンド系指...

一目均衡表における3つの半値

一目均衡表の中で「転換線」「基準線」「先行スパン2」は、それぞれ9日、26日、52日の期間の最高値と最安値の中間(半値)の値を繋いだ線です。

(先行スパンは26日後に描画)

これらは図で表すとそれぞれ短期、中期、長期の移動平均線と類似した動きになります。

一目均衡表で主要な計算方法である「半値」という考え方は、現在の価格が一定の期間内に置いて買い勢力(ブル)と売り勢力(ベア)のどちらか強いかを判定することができます。

高値と安値の中間である半値をその期間における平均的な値であると考え、それを基準として現在のトレンドが強気あるいは弱気を判断します。

 

例えば価格の位置関係が

現在価格 >転換線(短期)

基準線(中期) > 現在価格

現在価格> 先行スパン2(長期)

であった場合、

長期的には上昇傾向にあり、

中期的には下がっていたが、

現在はまた上昇しつつある

と判断できます。

仕掛け・手仕舞いポイントとして使う

それぞれの線の価格は、移動平均線と同様に仕掛け・手仕舞いのポイントとして使用するのに適している傾向にあります。

一定の期間の半値であるということは、その期間内における取引の買い勢力と売り勢力のバランスを2分するラインだと言え、そのラインを超えたことで強気あるいは弱気を判断したり、線からの乖離を相場の極端な偏りと判断し逆張りで仕掛けたりします。

せんせい
せんせい
一目均衡表は奥が深いから色々な使用方法があるぞ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
調べてみよう