投資・トレード全般

インデックス投資とは?投資信託とETFについて

しつもんちゃん
しつもんちゃん
インデックス投資ってなに?
せんせい
せんせい
日経が上がれば、連動して利益が出るようになる投資方法のことだ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
どういうこと?

 

インデックス投資の特徴とは

インデックス投資とは、日経平均、TOPIX、ダウ平均などの株価指数と同じ値動きを目指す投資方法です。

インデックス投資をする際にはインデックス(株価指数)と連動するように設計された商品である投資信託ETF(上場している投資信託)を購入することによって可能となります。

投資信託とETFについては後ほど説明をしていきます。

インデックス投資の特徴として分散投資がしやすい、というものがあります。

インデックス投資の銘柄は株式だけではなく債権や不動産など他の金融商品なども含まれるため投資のリスクを軽減する効果があります。株式にすべてのお金を集中させていると株価が暴落したときに資金のすべてに影響をうけることになります。

投資信託とは

投資信託投資の専門家に資金を託ことによって、投資者の代わりに投資を行ってもらう方法です。

インデックス投資における投資信託は、専門家に指数に連動しやすい銘柄を選択してもらい、運用してもらうことになります。

ETFとは

ETF(Excange Traded Funds)とは上場投資信託という意味で
東証などの証券取引所に上場されている投資信託になります。
上場されているのですぐに売買できることが大きな特徴となります。

投資信託とETFの違い

 

投資信託ETFでは上記のような違いがあり、投資信託の方が最低売買価格も低く長期運用向きであり、コツコツ積み立てていく方式であるといえます。

積み立てNISAなどを利用することにより税金対策もとることができます。

投資のスタイルによって使い分ける

投資信託は毎月を積み立てていくのが主な運用方法となります。

毎月一定額を積み立てることによって上げ下げのある株価の変動を平均して一定額にならし安定した利益をあげることができます。大きな利益は望めないですが株の買い方としてはリスクを極力抑えた買い方となります。

ETFは一回の取引で投資信託よりまとまった額が動きます。

投資信託のように毎月コツコツ積み立てるのではなく自分のタイミングで売買したい人向けだと言えます。しかしインデックスの投資の特性上短期での売買には向いていません。

しつもんちゃん
しつもんちゃん
なるほどー、インデックスファンドはどこで買えるの?
せんせい
せんせい
各証券会社で取り扱ってる商品は違う。それぞれの商品に特徴があるのでまずは自分のつかっている証券会社のインデックスファンドを見てみよう