投資・トレード全般

信用取引を使ってる人が意外と計算していないレバレッジを利かせる危険性

しつもんちゃん
しつもんちゃん
レバレッジ?
せんせい
せんせい
レバレッジを利用すると自分の持っている資金以上の取引をすることができるんだ
しつもんちゃん
しつもんちゃん
なにそれすごい
せんせい
せんせい
その分儲けることもできるが、損失も増えるの注意が必要だ

レバレッジとは

レバレッジを利かせるとは、信用取引を利用することにより、

自分の資金の最大3倍程度の資金を運用できることをいいます。

大きな資金を運用できるので資金の少ない人にとっては嬉しい制度ですが、

リターンが大きければリスクも大きいのがトレードの世界、もちろん相応の危険もあります。

せんせい
せんせい
精神的に負荷が増えるので最初はオススメしない。その理由を書いていく

 

リターンについて

リターン、つまり利益のことになります。これはとてもシンプルですね。

約三倍の資金を運用することができるとすれば、利益も約3倍にすることができるわけです。

実際には丸々3倍とはいきませんが、大幅な利益増を狙うこともできます。夢のある話ですね。少ない資金から大金持ちになること浪漫があります。

株式取引をしている方はもちろんお金が大好きですよね(確信)

そんな皆様のニーズに応えた制度になっている訳です。

レバレッジを上手に使うことによって少ない資金をより効率的に運用するこも可能です。例えばリスク管理の基本の一つとして分散投資がありますが、資金が少ないとそもそも分散して買うほど銘柄数が買えない場合があります。そういった方にとってはレバレッジはありがたいですね。

 

リスク、DDについて

一方もちろんリスクもあります。

基本的に株式取引おいてリターンとリスクは常に等しいものです。

つまり結論から言えば約3倍の損失を被る可能性があるわけです。

なんだそんなことか、とっくにそんなことはわかっている、と思われる方もいるでしょうが、一体どれほどの方がそのことを具体的に想像しているでしょうか。

トレードの世界にはドローダウン(DD)という考えかたがあります。

レバレッジを考慮してドローダウンを考えたとき、この危険性が一気に高まるのです。

 

レバレッジをかけた場合のドローダウンの変化

これは私の持っているストラテジーの成績です。

レバレッジは1倍で前年を通してドローダウンは約10%程度の安定した成績です。

これは3倍のレバレッジを利かせた場合です。

ドローダウンは最大で約25%、トータルの利益は増えましたが、

ドローダウンにはムラがあり安定しているとは言えません。

ドローダウンが安定しないと精神的に安定した取引ができなくなります。

自分の資金量に比べ、増減する金額が大きすぎるからです。

500万円の場合、25%だと100万円です。

いきなり100万円なくなると不安になりますよね。

よく考えてからレバレッジは利用しましょう。

せんせい
せんせい
レバレッジを利用した場合の具体的な損失金額を想定してみることが重要だ
せんせい
せんせい
実際に運用していると精神的負荷に耐えられず、最適ではないタイミングで売買してしまうかもしれない