MACD

MACDで失敗するパターン

MACDとは

MACDは多くのトレードに好んで使用される指標で、

ほとんどの場合チャートソフトに標準的に搭載されていることからも大変使い勝手のいい指標です。

MACDは「MACD」と「シグナル」から構成され、MACDとゼロラインの位置関係、MACDとシグナルのクロスなど売買のシグナルとして主に使用します。

【テクニカル指標】MACD(マックディー)MACDとは? MACD(マックディー)オシレータ系の指標で2本の線を利用することで相場の周期とタイミングを掴むための指標になります。...

大変便利なMACDですが、一部の場合において機能しない場合があります。

ジリ高、ジリ安

MACDの値は短期EMAと中期EMAの差を表しています。

よって価格が価格の上昇は続いているがジリ高の場合、MACDは横ばい・あるいや緩やか下落を示す場合があります。(ジリ安の場合も同じ)

その結果、価格は継続して上昇しているにも関わらずクロスが発生し、EA等機械的にシグナルを使用してる場合はトレンドに逆行をした仕掛けをしてしまう可能性があります。

この場合、MACDはプラス圏でしばらく推移しており、直近の高値を更新している(あるいは近い価格にいる)ことが予想されます。

高値更新をした(あるいはしそうな)銘柄等は今後価格が反転せずトレンドが継続した場合は大きな損失を受ける可能性があります。

横ばい相場

横ばい相場ではゼロラインの付近で頻繁にダマシが発生し、MACDが機能しないことがあります。

短期間での大きな値動き

相場の天井や底付近では価格が短期間で大きく動くことがあります。

MACDは移動平均をベースに使用している関係上、これらの短期では大きな値動きはやや遅れてシグナルと出る場合があり、短期で大きな値動きを繰り返すと正常に機能しない場合があります。

【参考文献】

日本テクニカル分析大全/日本経済新聞出版社