MT4(FXシストレ)

MT4プログラミング学習に使える書籍の紹介

MT4のプログラミング

FXでシステムトレードをする方法として世界的に使われているプラットフォームであるMT4というものがあります。

MT4は自分でプログラムを作成したり、作られたプラグラムを使用することによって様々なインジケーター(指標)はEA(自動売買のプログラム)を使用することができます。

https://www.kozkay.com/how-to-mt4/

MT4は自分でプログラムを作成できるので、他のシステムトレードと比較して、とても自由度の高いシステムを作成することが可能です。

しかし、自由度の高い反面、敷居は高くなっています。

MT4でシステムトレードを作るにはMQLという専用のプログラミング言語を習得する必要があります。

プログラミングに慣れている人であれば、そこまで苦もなく習得できるでしょうが、ほとんどのトレーダーは馴染みがないので一から勉強する必要があります。

しかし、MT4のプログラミングに関する学習用の書籍はとても少ないのです。

正確にはいくつか存在するのですが、数年前に行われたバージョンアップにより古い書籍では内容に対応していない部分が発生しています。

そこで今回は私が実際に学習で使用した現在でも使用可能な2冊の本をご紹介します。(2019年5月時点)

豊嶋 久道さんという、MT4に関する書籍を多く執筆されている方の最新版のMT4に対応した書籍になります。

月額制の読み放題対象商品ですので加入している方は追加の料金なく読むことが可能です。

もちろん個別でも販売していますが、どうやら kindle限定で単行本での出版はされていないようですね。

この本の進行形式としては、まず最初にプログラムの書き方の説明があり、実際に書いてみることになります。

特に「実践プログラミング」の練習問題などは理解して自分で考えることができないと解けない作りになっているので身につきます。

そして付属のライブラリがとても便利です。これだけでも購入する価値がある本となっています。(そしてとても安い)

興味がある方はご覧になってはいかがでしょうか。