投資・トレード全般

NISAとつみたてNISAを比較してみる

しつもんちゃん
しつもんちゃん
つみたてNISAってなに?
せんせい
せんせい
2018年から始まった新しい制度だ
NISAとは違うところがあるので比較してみよう

そもそもNISAとは?

NISAとは2014年にスタートした投資商品に関わる非課税制度で、年間120万円(期間5年間)までの投資金額に対しての利益に関して非課税にするというものです。

通常株式等の利益に対しては20%の税金がかけられますが、これらが対象の投資金額の範囲内なら非課税となり0円となります。

投資を促進する目的があり、いままで投資に興味を持っていたけどやってこなかった人もやりやすいように作られた制度になります。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAは2018年1月から始まった新制度で前からあったNISAとの違いを簡単にいえば、NISA中期投資向けで、つみたてNISA長期投資向けであるということです。

上の図のように1年あたりの資金ではNISAが上で、期間ではつみたてNISAが上となっています。

トータルの非課税金額はNISA合計600万円つみたてNISA合計800万円とつみたてNISAのほうが多いですが、年間あたりの投資上限が低いので自分が投資したい商品に適した制度を選択する必要があります。

NISAとつみたてNISAは併用できない

どっちにもそれぞれの魅力があるのでどっちも利用したいところですが、残念なからがNISAとつみたてNISAは併用できません

しかしNISAから積み立てNISAに切り替えた場合で、既に持っている株などの運用益に対しては5年間非課税となるようです。

 

つみたてNISAはどんな人におすすめなのか

NISAが株を対象にしていることから短期~中期を対象にしているの対し、つみたてNISA投信などに限られているため長期投資が前提となっています。

老後に備えた貯蓄という意味ではiDeCoの方がお得となりますが、iDeCoは途中で掛け金の引き出しができないという大きな欠点があります。

リスクを抑えたい人

つみたてNISAはNISAに比較するとリスクの低い投資商品が多く、NISAが株式も対象しているいるのに対し、つみたてNISAは金融庁の審査をクリアした投資信託などに限られますので、リスクを低くしたい人向けの投資方法といえます。

少額から運用したい人

つみたてNISAは年間上限が低いことからもコツコツと長期間積み上げて投資する制度となっています。

最低の投資金額は証券会社によってかわりますが100円から投資可能なところもあります。投資に興味があるけどまとまった資金がない人でも気軽に始めることが可能です。

手間をかけたくない人

つみたてNISAは投資信託などを対象としているため投資は毎月一定額を積み立てていく方式になります。

積み立て方式の利点として基本的に投資期間は毎月淡々と積み立てていくことになるので

日々の株価の変動などを気にする必要がありません

せんせい
せんせい
つみたてNISAは投資金額は少ないが投資の入り口としては非常にお得な制度だ。
2037年までしか利用できない制度なので行動は早くしよう

 

しつもんちゃん
しつもんちゃん
興味ある人はやってみよう!