裁量トレード

偽専業トレーダー誕生(引退)とTradingView

今週は月〜金が休みでした。

最近EAの運用に並行して裁量トレードも始めていましたので、いい機会だと思いリアルチャートを一週間眺めて専業トレーダーの気分に浸るという試みを行いました。

最初の2日間は持病のポジポジ病が発症し、常にポジションを持ちたくなる衝動に悩まされました。メインとなる時間足は今後本業と並行して行うことを想定して、大きめの足を使用していましたのでサインが確認できるまで少し時間がかかります。

堪えきれずに少し早いタイミングでエントリーしたりしていましたが、その後裁量用のルールを随時設定していくことである程度制御できるようになりました。

私は多くのEAトレーダーがそうであるように、裁量トレードからEAトレードに移行しているのですが、移行している理由の一つに自分で自分を制御できなかったことがあります。

上がる見込みの損をいつまでも保有し続けていたり、利益をもっと伸びるのに早く手仕舞いしていたりしました。

EAを使用するようになってこれらの問題は解決されたので、今回裁量トレードを行う際にも厳格なルールをいくつか設定しました。

結果的にある程度の利益が出せ、自分のルールも守って取引ができたと感じているので満足のできる1週間となりました。

自分なりの裁量トレードのルールを設定できたことが一番有意義な成果だったと感じています。

今回トレードをする環境として、大きく変えたのがTradigViewの使用になります。

希望があれば詳しく解説などもしたいと思いますが、とても便利だと感じる点は、

他画面チャートを同時に表示した場合、一つのウィンドの通貨ペアを変えると他の画面も連動してその通貨ペアに変えるように設定できます。

これを使用すると縦断的にマルチタイムフレーム分析を行う際にサクサク行うことができます。また描画(水平線等)も連動できる為俯瞰的な視点で分析しやすくなります。

今までは私はMTと十分と感じていましたが、実際に使ってみるととても便利だったので今後も使っていこうと思っています。

チャートに連動したテキストノートも作ることができ、エントリーポイントの記録などに便利です。

他画面チャートを表示するには有料プランが必要になりますが、無料期間があるので興味ある方は利用して見てはいかがでしょうか。

TradingView