オシレータ系指標

リバーサル・デイとは

リバーサル・デイとは

リバーサル・デイとは「反転日」を表し、上昇し新高値付けた後、反転し前日の終値より安い終値になることを指します。(新安値を付け高い終値になった時も同様)

リバーサル・デイは一般的には価格の反転ポイントとされ、抵抗帯としてその後しばらくの高値として機能すると説明されることがあるが、その条件は比較的弱いものであり、実際の相場においてリバーサル・デイは頻発することになる。

実際に、上昇(あるいは下降)相場が継続する状況においても、一時的な調整が入るは通常のことであり、一時的に下げたあとはその大きな上昇が発生することも珍しくない。

リバーサル・デイの一般的な使用方は、文字通り転換ポイントとして短期トレンドが反転することを期待して仕掛けることですが、新高値あるは新安値を付けた直後に逆に仕掛るという点で、強いトレンドに対し逆張りをするような非常にリスクがある手法とも言えます。

リバーサル・デイの活用法

リバーサル・デイは強いトレンドの押し目であるという考え方もできます。

基本的に、高値を付けた銘柄に対しては買いで仕掛ける方が無難であり、勝率も高い戦略になります。

リバーサル・デイにも強弱があり、強いリバーサル・デイは前日の安値を下回る場合があります。

乖離率は高くなるほど反転しやすい性質も持っていますので、トレンドに従った形で仕掛けるのであればリバーサル・デイは適したタイミングとも言えるかもしれません。

乖離率とリターンとリスク 移動平均乖離率とリターン 一般的に、価格の反転を狙う逆張りに置いて移動平均線からの乖離やエンベロープを利用した手法はよく使われま...

<参考書籍:シュワッガーのテクニカル分析新装版 初心者にも分かる実践チャート入門 (ウィザードブックシリーズ) [ ジャック・D.シュワッガー ]