RSI

RSIの平均回帰性と機能しやすい相場

RSIの平均回帰性

平均回帰性とは、いったん大きく乖離した値が平均値に戻ろうとする性質を指します。

これは乖離した価格が移動平均線に戻ろうするのと同じ性質です。

移動平均線の常に変動するのに対し、RSIの場合常に回帰する値は50%に固定されています。

一般的に使われる手法である、RSIが20〜30以下になったら買い、70〜80以上になったら売りというのはこの平均回帰性を利用した逆張りの手法です。

RSIが機能しやすい相場

RSIは横ばい相場、あるいは緩やかなトレンド相場において機能しやすい指標です。

非常に強力な上昇相場においてはRSIが買われすぎを示していてもその大きく上昇する可能性があります。

RSIの期間を短くしているとその傾向は顕著になります。

RSIが平均回帰性を生かしてトレードするには、ある程度安定した相場で使用することが望ましいといえます。

RSIを使用する際は現在の相場のトレンドの勢いを測れる指標と使ってみるのも1つの方法かもしれません。

<参考書籍:日本テクニカル分析大全/日本テクニカル・アナリスト協会【合計3000円以上で送料無料】