オシレータ系指標

トレンドフォロー(順張り)の長所と短所

トレンドフォローとは

トレンドフォローのフォローとは「従う」を意味し、トレンドフォローとはトレンドに従いトレードを仕掛けることを指し、順張りとも呼ばれる手法です。

相場が上昇の兆しを見せるのであれが買い、トレンドが継続する限りにおいて利を伸ばし、想定していた方向と逆方向に相場が向かうと判断すれば速やかに損切りをする。

「損小利大」を体現しているのがこのトレンドフォローと言う戦略です。

トレンドフォローの長所

トレンドフォローの長所は単純であり、トレンドという大きな動きは見逃しにくいことにあります。

トレンドを判定する指標は数多くあり、トレンドに乗るタイミングが早く、トレンドに長く乗ることができれば一回のトレードで大幅な利益をあげることもできます。

また取引コストが安くなるのも利点の一つと言えます。

トレンドフォロー型の取引は逆張り取引に比べ取引期間が長い傾向にあります。

その結果取引回数が減り、トータルの取引コストは減少します。

トレンドフォローの短所

トレンドフォローの短所は小さな損失が多く、勝率が低くなる傾向にあることです。

トレンドに従い仕掛けてもトレンドが短期で終わるのか長期で続くかの判定は難しく、大きなトレンドが来るまで繰り返し負けが続くことも珍しくありません。

小さな損失でも負けが繰り返すことにトレーダーは不安になります。

不安は売買の売買システムを継続するかどうかにも影響を与えます。

トレンド相場は全体の15〜25%程度しかないと言われており、このトレンドが来るまではトレーダーには忍耐が求められます。

トレンドフォローは有効か?

成功する多くのトレーダーはトレンドフォロー型だと言われています。

そもそもテクニカルな分析はトレンドが発生することを前提に考えられています。

トレンドというもの一切発生しない相場はランダムな市場であり、分析できないものとなります。

逆張りにしてもトレンドに対してどうアプローチするかの違いでトレンドを無視したものではありません。

テクニカル分析とトレンドフォローは切っても切れない関係であり、トレーダーはトレンドについてより深く知ることで成功の可能性を高めることができます。

<参考書籍:魔術師たちの心理学新版 トレードで生計を立てる秘訣と心構え (ウィザードブックシリーズ) [ バン・K.タープ ]>